診療ブースと託児室をリアルタイムでつなぎ
ご家族の安心を提供するクラウドカメラ

医療法人社団 青葉会様インタビュー

「青葉会」は宮城県内に6つの歯科医院を運営する医療法人です。「日本一の感動を与える歯科医院を目指す」という理念のもと、患者さんとのコミュニケーションを大切に、丁寧なカウンセリングとプライバシーに配慮した個室で行うお口のメンテナンス、小さなお子さんをお持ちの方でも通いやすいよう託児室の完備など、地域の皆様のパートナーとしてサポートを続けています。
今回は、理事長の笠原 一規 様と理事総主任の西田 由佳 様にお話を伺いました。


医療法人社団 青葉会 様
業種:歯科医院
取材ご対応:笠原 一規 様(理事長)
      西田 由佳 様(理事 総主任)
URL:https://www.aobakai.com/

導入サービス
キャンクラウド

・既設カメラの画質や保存期間の不足

・「USEN&U-NEXT GROUP」のサービスという安心感
・担当営業の対応のスピード感、丁寧さ

・映像が鮮明になり状況把握がしやすくなった
・診療中も託児室を見守れる安心感が患者様に好評

既設レコーダー型カメラの性能不足を感じていた

◆キャンシステムの防犯カメラサービスは、どのように知りましたか?

インターネットで検索して知りました。
元々、複数の医院でレコーダー型カメラを設置していましたが、系列医院の「とみざわ駅前歯科」を新規開業するタイミングに合わせてクラウドカメラを導入しました。

◆いつ頃から防犯カメラを設置なさっていたのでしょうか。

約20年前から設置しています。
きっかけは系列医院の「かさはら歯科医院」が移転に伴い規模が大きくなったことです。
当時から、防犯はもちろんですが、個室ブースという遮られた空間で診療を行うのにあたり、女性スタッフの安心・安全を確保するためや、何かトラブルがあった場合の記録・証拠のためにもカメラが必要だという思いがありました。

◆長年カメラを有効活用されてきた中で、どのような課題があったのでしょうか。

設置から年数が経ち、画質の粗さや記録保存期間にも不足を感じることが増えてきました。
具体的な例ですと、以前、患者様との間で精算時の金銭の授受においてトラブルが発生したことがありました。しかし、記録を確認しても音声や映像が不明瞭で自信を持ってお答えすることができなかったのです。医療において起こりうる様々なトラブルへの対応やスタッフの業務を把握する上でも映像の鮮明さは重要だと感じ、カメラの入れ替えを決めました。いくつか候補に挙がった内のひとつがキャンシステムさんのクラウドカメラでした。

導入の決め手は「USEN&U-NEXT GROUP」という
安心感と営業の対応力

◆弊社クラウドカメラを導入された決め手をお聞かせください。

1番の決め手は、誰もが知る「USEN&U-NEXT GROUP」のサービスだということでした。
以前、院内でUSENさんのBGMを利用していたこともあります。その時の印象も良かったですし、非常に安心感がありました。
実際、数社にお問い合わせをしましたが、ご担当いただいた営業さんの対応のスピード感や丁寧さには他社との大きな差を感じました。
また、複数の医院での同時導入で1医院あたりの設置台数も多いため費用も高くなりますが、その中でもコストを抑えられ、性能面でも要望を満たすカメラのご提案をいただいたことも良かったです。

診療中も託児室のお子さんの様子を見守れることで
遠方から通う患者さまが増えた

◆導入後、どのような効果がありましたか?

まず、映像の鮮明さが向上したことで様々な状況把握がしやすくなったことを実感しました。ある医院では屋外にもカメラを設置したのですが、駐車場での車同士のトラブルが発生した際、警察への映像提供をスムーズに行うことができました。

そして、クラウドになって利便性も向上したことで、活用の幅が広がりました。
青葉会では、小さなお子さんを持つご家族向けに無料の託児室をご用意しております。保育士資格を持った専門のスタッフが常駐しており、診療を受けている間も安心できるように、診療台のモニターで託児室の様子をお見せしております。
クラウドカメラ導入後は、さらに映像が鮮明となり、ご好評いただいております。

妊娠・出産時期の妊婦さんは口内環境が悪化しやすい傾向がありますので、ぜひ診療を受けていただきたいのですが、産後間もないとお子さんを預けることができず、なかなか通院できないのが実情です。そういったお母さんをサポートしたい思いもあったので、お母さん同士のネットワークで「リアルタイムでお子さんの様子を見ながら診療を受けられる」という当医院の噂を聞き、通院してくださる方が多く、とても嬉しく感じています。

◆弊社の対応についてはいかがでしょうか。

営業担当の方には何度も無理なお願いをしてしまいましたが、快く対応していただいております。施工時の説明や対応も丁寧にしていただきました。
施設の構造上、屋外への配線が難しい医院もございましたが、技術力で見事に対応していただき感謝しております。

◆サービスについてのご意見・ご要望などがありましたら教えてください。

現在のサービスに関しては満足しておりますが、しいて挙げるとしたらドライブレコーダーの衝撃感知機能のように、大きな音や衝撃の発生時を別記録として自動保存する機能があると今よりスムーズに記録箇所を探せるようになると感じます。

あとは、レンズの向きや倍率をスマホなどから自由に操作できると便利ですね。
機種によっては対応できると営業さんから伺っていますが、当然その分コストも上がってしまいますので、じっくり考えていければと思います。
※PTZ(パン・チルト・ズーム)カメラ

◆最後に今後の「青葉会」様の取り組みについてお話しいただけますか?

現在、仙台市内に5医院、大郷町に1医院の計6医院ですが、今後も拡大を予定しております。20年前から治療だけではなく虫歯や歯周病を予防することの大切さを伝え続け、予防歯科の先駆けとして成長して参りました。今後も患者様のお口の健康をサポートさせていただきながら、小児歯科や口腔(こうくう)外科、口腔機能管理などの専門分野にも力を入れていきます。そして、歯科医療業界でも人材確保が難しくなっている中、当院を選んで働いてくれているスタッフが安心して働きやすい環境づくりに努めていきたいと思います。

インタビューを終えて 【広報から一言】

笠原様、西田様、貴重なお時間をありがとうございました。
「歯が悪くなったら、痛くなったら行く」が当たり前だった時代から、予防歯科という観点にいち早く注目して医院を運営されてきた青葉会様に弊社のクラウドカメラをご選択いただいたこと、大変光栄に思います。
防犯カメラも、トラブルを未然に防止する、より良い環境を作っていくという点で、予防歯科と共通する役割を担っています。今後も、弊社のクラウドカメラが最良のパートナーとして、青葉会様の更なる発展と地域医療の向上に貢献できるよう、精一杯サポートさせていただきます。

取材日:2024年4月
※本記事に掲載されております情報はすべて取材時点のものです。

お客様の声

キャンシステムの防犯カメラをご導入いただいた店舗オーナー様、責任者様にインタビューを実施。導入して実感した効果や活用方法など伺っています。