美容室での防犯カメラ活用術。来店客とのトラブル解決、コロナ禍での活躍も

株式会社ヘッドライト様インタビュー

株式会社ヘッドライトは、美容室をメインとし、アイラッシュやカラー専門店など、幅広く美容事業を展開しています。開業当初は関東圏で店舗を拡大し、徐々に全国に拡大、現在では130店舗以上を運営しています。

ヘッドライトの特徴は、一般的な美容室のような雇用契約ではなく、業務委託契約を交わす形態で運営していること。それにより美容師は、自身の顧客が増えたり、指名をいただけたりするごとに給料がアップする新しい雇用形態となっています。

全店舗でキャンシステム (株)の防犯カメラを導入しており、もともとは録画機でハードディスクに保存する従来のアナログカメラを利用していましたが、徐々にクラウドカメラへの切り替えを進めています。

キャンクラウド導入のきっかけや理由

◆キャンクラウド導入のきっかけは何だったのでしょうか?

クラウドカメラを検討したのは、キャンシステムの担当者から紹介をいただいたからです。
もともと、映像をハードディスクに保存するアナログ防犯カメラを使っていたのですが、ハードディスクの保存容量がいっぱいになってしまい録画できていなかったり、故障したりなどというトラブルが続いていました。
それがアナログカメラを使用する上で困っていたことの大部分を占めていたのですが、クラウドカメラはインターネット上に録画映像を保存するので、そういったトラブルが起こらないという話を伺って、クラウドカメラに切り替えることにしました。

◆アナログカメラはずっと使っていたのでしょうか?

最初に導入したのは10年ほど前になります。アナログカメラからクラウドカメラに切り替えるタイミングでは、すでに120店舗以上でキャンシステムさんのアナログカメラを導入していたので、そこから順次切り替えていっている段階です。

◆クラウドカメラに切り替えて、実際に使いやすくなりましたか?

使い始めてまだ1年なのですが、画質がよくて音も録音できますし、赤外線で夜も綺麗に映ります。なにより、データが途切れないのがいいですね。

たまにお会計時に、お客様とちょっとしたトラブルになることがあるんです。
たとえば、実際には5千円札をいただいたのですが、お客様自身は1万円札で支払ったと思っていて、「1万円札で払いませんでしたか?」とお客様から聞かれたりする場合などです。この場合、レジ付近を映している防犯カメラの映像でお札を確認するのですが、アナログカメラの時はハードディスクの容量が切れていて確認できない、ということがあったんです。
このようなトラブルの際には、防犯カメラの映像をお客様に提示し、納得していただくのがいいと思っているので、クラウドカメラにしてから容量切れで映っておらずお客様に提示できない、といったことがないのが一番大きいですね。

◆店舗数が多いと、ハードディスクの容量切れまでなかなか気づかないこともありそうですよね。

そうですね、映像は常に見ているわけではないので、特にそういった部分もあるかと思います。クラウドカメラは実際に今のところ、トラブルはなにもありません。使いやすく、とても助かっています。

株式会社ヘッドライト 営業部 部長 高濱慶太さん

カメラの置き方について

◆業態によってカメラの置き方などは変えているのでしょうか?

弊社はアイラッシュやカフェのような店舗もありますが、美容室がメインです。基本カメラの設置箇所は同じで、1店舗に2台設置しています。

◆実際どこに設置しているのでしょうか?

レジ付近と、店内を見渡せる場所に1台。その2台にしぼって置いています。
30坪前後の店舗が多いので、フロアに2台あるだけでシャンプーエリア以外の店内のほとんどが映ります。施術フロアとレジ付近を見ることができれば問題はないので、思ったとおりに活用できています。

店内を見渡せるカメラと、レジ後ろの天井に設置されたカメラ

施術フロア。左奥のスペースがシャンプールームとなっている。

日々のなかでのキャンクラウド活用方法

◆カメラは防犯以外にも活用していますか?

基本的には防犯がメインですね。何かあった時のために運用しています。
日々の営業のなかでの利用としては、お客様とのちょっとしたトラブルの際に活用しています。会計時以外には荷物に関するトラブルも実は結構あって、「施術中に預けていたかばんの中に入れていたはずのものが入っていない」などとお客様がおっしゃることもあり、その際はカメラで確認しています。カメラがあれば誰も持ち出していないことが証明できますし、活用しています。

◆映像の管理はどのように行っているのでしょうか?

映像のアカウントは本部の限られたメンバーで共有しています。店舗のスタッフは映像を見たことはないと思いますし、どういった風に映っているかは教えていません。
トラブルがあった場合は、現地のエリアマネージャーが確認するようにしています。

コロナ禍でのキャンクラウド活用方法

◆コロナ禍で役に立ったことはありますか?

お店を閉めていた期間もあったので、その期間に泥棒に入られたりしていないか、店舗の様子に変わりがないかを確認できたのは安心でしたね。緊急事態宣言時など、閉まっているお店が狙われるというニュースもあったので、地方にありすぐに行けない店舗や、他の店舗が周りにあまりない立地の店舗もカメラで確認できたのでよかったです。

◆アフターサポートについてはいかがでしょうか?

アナログカメラ使用時には何度かトラブルがあったのですが、いつも笑顔で対応をしていただいて、とても助かりました。IT関係についてあまり詳しくない我々でも分かる高品質のサポートをご提供いただいており、全体を含めて満足しています。

お客様の声

キャンシステムの防犯カメラをご導入いただいた店舗オーナー様、責任者様にインタビューを実施。導入して実感した効果や活用方法など伺っています。

飲食店舗での防犯カメラ活用事例。 防犯・従業員の意識向上に活用

株式会社アイティープラス

統括 田中大輝 様インタビュー

美容室での防犯カメラ活用術。来店客とのトラブル解決、コロナ禍での活躍も

株式会社ヘッドライト

高濱慶太 様インタビュー

スタッフの勤怠管理や夜の暗視もクラウドカメラで。防犯カメラ活用術とは

Toutou Blanc

オーナー 上野浩志 様インタビュー

クラウド型防犯カメラで人件費の最適化、店舗運営の改善も。防犯以外の使い方とは

株式会社SOUL FOOD WORKS

代表 柴田憲広 様インタビュー