会社情報

沿革

昭和37年4月 東京都新宿区柏木にて工藤宏が創業
昭和40年3月 組織を法人として、商号を株式会社日本音楽放送とする(資本金200万円)
昭和42年5月 資本金を500万円に増資
昭和43年12月 加盟団体である社団法人全国有線音楽放送協会主催による日本有線大賞制定、第1回テレビ放映
昭和44年12月 東京都大田区に(株)京浜音楽放送を設立
昭和47年6月 大阪市に(株)日本有線放送を系列会社として開設し、つづいて神戸市にも開設する。さらに、(株)京都有線BGMと合併し、近畿圏にも大きく飛躍する
 7月 資本金を1,000万円に増資
 12月 都内全域の有線ネットワークが完成し、首都圏のシェアが80%を超える
昭和48年3月 北九州市工業都市圏を中心として、九州全域にサービスエリアを拡大する
昭和56年4月 政令都市の全域に有線ネットを配し、都市型有線の基盤を確立する
昭和57年8月 有線放送のチャンネル数を、6チャンネルから12チャンネルに拡大する
昭和62年3月 Cable Audio Networkシステムの開発に成功
従来のモノラル放送からステレオ放送に変換し、チャンネル数は100チャンネルとなる
平成 1年8月 社名をキャンシステム株式会社とする
本社ビル完成、杉並区天沼2-3-1に移転
平成 3年11月 キャンシステム幡ヶ谷ビル完成、東日本本部・関東営業開発本部の拠点とする
平成 4年2月 資本金を2,000万円に増資
平成 5年10月 海外ラジオの再配信を開始
RFI、VOAの2ヶ国の国営放送局と契約する
平成 6年10月 通信衛星の利用を開始し、サービスエリアを全国に拡大する
平成 7年8月 国内で初めてケーブル伝送による高音質なデジタル放送開始
チェーン店等で店舗独自のコメントやBGMが放送できるリースチャンネルサービス開始
平成 8年9月 ドイツ国営放送ドイチェヴェレ、イギリスWRNの再配信を開始
平成 9年5月 リースチャンネルサービスを改良したPCCANサービス開始
 12月 日本有線大賞 第30回テレビ放映
平成10年5月 オフィシャルウェブサイト(www.cansystem.co.jp)公開
平成11年9月 番組を全国配信するスタジオ機能と、お客様相談窓口を備えたカスタマーセンターを開設
平成12年9月 業務用のレンタルサーバーサービス開始
平成14年1月 カード決済サービス開始
平成15年3月 店舗に映像を配信するCANCLIPサービス開始
平成16年2月 資本金を5,000万円に増資
平成17年4月 (株)ミュージックバードと提携し、衛星音楽放送SPACE DiVAサービス開始
音楽情報&番組情報誌「New Can Magazine」創刊
 5月 音楽情報サイト(www.music-lounge.jp)公開
 12月 放送音源データをデジタル化し、サーバー管理を実施
平成18年2月 全国のスタジオを統合し、荻窪ビルに総合リクエストセンターを開設
 3月 有線放送・衛星音楽放送サービスの放送プログラムを紹介する番組案内サイト(www.cansystem.info)公開
 5月 PCCANサービスを改良したMCANサービス開始
 11月 (株)第一興商と提携し、サービスの相互販売を開始
平成19年11月 有線放送のランキングサイト(ranking.cansystem.info)公開
平成20年11月 セキュリティ事業開始
平成21年6月 社長の工藤宏が会長に就任、専務取締役の工藤嘉高が社長に就任
平成23年8月 総合店舗支援サービス「CAN-CLUB」の提供開始
平成24年4月 創業50周年を迎える
平成24年8月 ネットワークを利用する音楽放送DiVA HIKARIサービス開始
平成27年8月 株式会社USENと包括的資本業務提携を行い、サービスの相互販売を開始